ネイルアートについて学ぼう!

 

簡単なネイルアートは自分で

ネイルアートは何も自分の爪にも出来ちゃうのです。自分でするとなると時間が掛ったり失敗したりする可能性があるので、こだわったネイルアートをするのであればネイルサロンもしくは知人にしてもらうのがおススメです。

 

 

少し前のネイルアートと言えば男性ウケを気にしている人が多かったのですが、最近では男性のことは全く気にしないでする人が多いようです。男性ウケというよりも女性ウケを狙っている人の方が多いのかもしれません。女性ウケをするということは、男性ウケにも良いという流れになるので結局は同じなのですが、ポイントは女性に好かれそうなデザインをするということなのです。

 

 

ネイルは洋服に合わせながら楽しむものですよね。爪が華やかななのに恰好がジーンズにTシャツとラフだったら正直、合っていませんよね。しかし、ネイルアートをする為にネイルサロンにその都度、通うというのは金銭的にも苦しくなるかと思います。そうならない為にも大変かもしれませんが、自分で出来るように練習をするのも大切なのではないでしょうか。

 

 

 

結婚式など何か大事なイベントごとがある時は華やかにしたりしますが、普段のネイルアートはそんなにこだわらないことの方が多いのではないでしょうか。自宅で自分でネイルアートをするのであれば材料費だけで済みますし、それもまた楽しみの1つになるかもしれません。たまに人からしてもらうのも良い気分転換にもなりますが、それはこだわったデザインに限った方が金銭的には助かりますよね。

 

自由が丘で野菜

ネイルアートに必要な道具って?

ネイルアートは難しいと思っていませんか?確かに慣れないうちは失敗したりするかもしれませんが、それでも何度か練習を重ねていくうちにキレイに仕上がるようになるはずです。

 

 

多少、手先の器用性が求められるので絶対とは言い切れませんが…。もし苦手だという人は、販売店で出来上がっているネイルアート(チップ)を買えばいいだけの話なのであまり気にすることでもないでしょう。ではネイルアートを自分でする時、何が必要になってくるか知っていますか?まずは準備から始めなければいけませんね。1つはチップを作るのに必要な土台とつけ爪接着シール、そしてネイルアートをするチップです。チップに関しては人それぞれ爪の大きさなどが違うので自分に合ったサイズを選ぶようにしましょう。

 

 

そしてチップにアートをする際、必要になってくるのがアクリル絵の具に使う筆とアクリル絵の具に使う筆、3Dアートに使う筆とドットペンです。これらが揃えばいろいろなデザインのアートを描くことが出来るので少し高くてもきちんとしたものを購入した方が良いでしょう。あとはアクリル絵の具や3Dアートに使う粉と液体とパウダー、それにストーンなどを準備しておけば後は実際にチップに描くだけです。

 

 

ストーンなど細かいものばかりで嫌になる人もいるかもしれませんが、それでも出来上がった瞬間というのはかなり嬉しいのではないでしょうか。1日に10個のネイルアートを作るのは大変かもしれませんが、少しずつなら可能かもしれません。

 

コスモテクノロジー